image

テレコムスタッフは個性あふれるクリエイター集団です
斬新で、心に響く映像コンテンツを創り続けます

Feature Stories

「小さな村の物語イタリア」(BS日テレ)1月2日は『カステル・ディ・トーラ/ラツィオ州』

%e9%a2%a8%e6%99%af001

 

 

ローマからクルマで2時間ほど、湖畔に佇む村カステル・ディ・トーラ。1939年に水力発電所を作るためにせき止められて出来たトゥラーノ湖は村の半分を沈め多くの村人が去っていった。その反面、湖のお陰でリゾート地として多くの観光客が訪れるようになり、村人たちは湖の恵みに預かった暮らしをしている。今回、12年ぶりにカステル・ディ・トーラを再訪。あのときの主人公たちの今は、、、?

%e3%82%b0%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%89
*漁師・リストランテシェフ/グイード・ディ・ヴェネデッティさん(62歳)
この湖で魚を獲り、糧を得ているグイード。獲った魚は自ら営むリストランテで料理して客に出す。店は繁盛していたが、12年後、店は湖の対岸に引っ越していた。その訳は家族の歴史にあった。

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%81%e3%82%a7%e3%82%b9%e3%82%ab-%e3%83%91%e3%83%b3%e5%b1%8b
*パン職人/フランチェスカ・オルシーニさん(45歳)
村人の胃袋を毎日満たしてきた女性パン職人フランチェスカ。店を始めた母のもとで修行し、新作のパンやレシピを任されるまでになり、自然酵母を使ったパン「コット・ア・レーニャ」は都会からも買いに来るほどの人気商品になった。あれから12年、母を病気で亡くし、自身も病を患った彼女はある決断をし、実行していた。

 

%e3%82%ac%e3%83%96%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%83%ac
*ガブリエレ・ジェンティーリさん(69歳)
村の姿を写真に収めてきたカブリエレ。といってもプロの写真家ではなく役場の職員だ。暇を見つけてはカメラ片手に村を散歩している。いつしか彼の写真は村の記憶となっていった。しかし12年後、ガブリエレはカメラが壊れたのを機に写真を撮るのを辞めていた。だが、村の記録は違う方法で継続されていたのだった。

 

小さな村の物語 イタリア(BS日テレ)
土曜日18:00~18:54 放送
日曜日10:00~10:54 放送
※使用楽曲や歌手名などはこちらのホームページをご覧ください。

一覧に戻る