image

テレコムスタッフは個性あふれるクリエイター集団です
斬新で、心に響く映像コンテンツを創り続けます

Feature Stories

「小さな村の物語イタリア」(BS日テレ)2月13日は『カステッラーロ・ラグセッロ / ロンバルディア州』

341_4
北イタリア、ロンバルディア州の平野。湖のほとりに、おとぎ話の中の小さなお城のような村がある。カステッラーロ・ラグセッロだ。11世紀に築かれた城壁の中で、
村人たちは農業や家畜を飼い、収穫物を貴族たちに納め、穏やかに暮らしを繋いでき
た。この村を訪れるのは、10年ぶりのこと。

 

341%e3%82%b7%e3%83%ab%e3%83%93%e3%82%aa%e4%bb%95%e4%ba%8b
*オルガン職人/シルヴィオ•ミケーリさん(54歳)
当時から腕の立つオルガン職人のシルヴィオは、その仕事ぶりが評判を呼び、休む間もないほど、忙しく働いている。震災で破損した教会のオルガンのパイプを調律し、祈りの音色を蘇らせることに情熱を注ぐ。当時10代だった弟子のイザッコは、あれからたくさんの経験を積み、今ではパートナーとしてなくてはならない立派な職人に育った。親子のようにこれまでの職人人生を共にしてきた彼らの物語はまだまだ続く。

 

341%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b3
*城の管理人/フランコ•アンセルミさん(74歳)
あれから10年の歳を重ねても元気いっぱいなフランコは、湖に面した元侯爵が所有する古いお城の管理人。親子三代、100年に渡って城を守ってきた。村の自然を誰よりも知っている男だ。かつて漁師だったフランコは、この湖で毎日魚を獲って暮らしてきた。あれから湖一帯は自然保護区となり、漁ができなくなってしまったが、湖には思い出がたくさん詰まっている。
働き者の妻・ヴァンダとは、結婚して47年のおしどり夫婦。美味しい料理が、彼の何よりの楽しみだ。

小さな村の物語 イタリア(BS日テレ)
土曜日18:00~18:54 放送
日曜日10:00~10:54 放送
※使用楽曲や歌手名などはこちらのホームページをご覧ください。

一覧に戻る