image

テレコムスタッフは個性あふれるクリエイター集団です
斬新で、心に響く映像コンテンツを創り続けます

Feature Stories

(再)「小さな村の物語イタリア」(BS日テレ)11月24日(土)はポッジョ・サン・ヴィチーノ/マルケ州

181120itaria

イタリアの東。こんもりした山が見守る丘の上に、よく見るとわずかに家々が軒を連ねている。ポッジョ・サン・ヴィチーノだ。かつてこの村には大きな縫製(ほうせい)工場があり、賑わいを見せていたが、時代の流れと共に人が去っていった。でも、穏やかで緑豊かな村の環境は、今も村に生きる人間にとっては楽園そのものだ。

181120itaria2

リタ・ルーツィ(51歳)

村で農家を営んでいるリタは働き者。日曜日だというのに、夫のジャンニのお尻を叩いて葡萄畑で仕事をする。30ヘクタールの農場にはオリーブや小麦など数えきれないほどの野菜や果物が出来るが、全て有機栽培で育てている。農場に嫁いだばかりの頃は、不自由も多く不満もあったが、腐らずに誠実に働いてきたリタは今、この仕事に満足している。やるべきことをやっていたリタは去年、民宿経営という新事業を始めた。子供のためにと始めた新しい仕事だが、家族の中に反対した人間もいた…。

 

181120itaria1

*クラウディオ・ランチャプリマ(71歳)

クラウディオはポッジョ村で暮らし始めて、まだ一年。保険代理店を経営していたが、去年店を閉めて、妻のマリーサとともに引っ越してきたのだ。クラウディオの日課は毎朝、テラスに座って聖書を読むこと。そして、愛犬と一緒に散歩をすること。信心深く物静かなクラウディオにとって、人が少なく、静謐なポッジョ村の環境は天国だ。穏やかな余生を過ごす優しい老人…一見するとクラウディオはそんな感じだが、見かけからは想像もつかない意外な過去がある。

一つの仕事にこだわった女性と、大胆な転職を果たした男性。人生の選択に関わる人生の物語です。

小さな村の物語 イタリア(BS日テレ)
土曜日18:00~18:54 放送
日曜日10:00~10:54 放送
※使用楽曲や歌手名などはこちらのホームページをご覧ください。

一覧に戻る